カラダの不調がよくなるまでの流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

当院では、『原因をみつける』・『施術でカラダを整える』・『アドバイスを行う』の3つの手順でカラダの不調が改善できるアプローチしております。


          

          


※ここで言う不調とは、
『カラダの痛み』・『倦怠感』・『めまい』・
『不眠』・『吐き気』・『気持ちの浮き沈み』・『下痢・便秘』・『カラダの歪み』など。

どのくらいで良くなるの?

当院はなるべく通わせないことをモットーとした
施術・セルフケアを提供しています。


もちろん、1回の施術で改善することもありますが、
数回通って頂かないと、改善しない場合もございます。

症状が起きて経過した年月・ 疾患の有無・
手術歴の有無・生活習慣・仕事内容・年齢などによって、
カラダが改善するまでの経過は異なります。

痛みを例に大きく3つのタイプに分けて、
来店回数の目安をまとめています。




2回目以降の施術はどのくらい後に受けると良いか?

来店の頻度や回数に関しては、個人差があります。
そのため初回の施術の様子をみて、提案させて頂いています。

おおよその目安を下記にまとめます。



なるべく施術の間隔を空けない方が良い理由。

カラダが良くなる力が、カラダの不調を起こす力に勝つことができれば、
身体は自然と良い方向に進んでいきます。


『よくなる力』と『不調を起こす力』
の綱引をイメージしてみて下さい。


当院の施術やお客様の良い生活習慣は、
『よくなる力』です。

カラダの歪み(内臓の疲れ、自律神経・ホルモンバランスの乱れなど)、
食生活の乱れや睡眠不足などは『不調を起こす力』です。

この綱引きで『カラダが良くなる力』が勝てば、
不調が再発しにくいカラダになります。


逆に『不調を起こす力』が勝てば、
不調がカラダに現れてしまいます。


当院の施術は、
施術後3日~1週間は『よくなる力』
として体の中を巡ります。

施術の効果が消えないうちに、
カラダの不調から解放される側に綱を引き切ってしまうことが重要になりますので
施術後の1週間はセルフケアを充実させることが、不調を改善のコツ
になります。



また『不調を起こす力』が強い場合、
(カラダの歪みが強かったり・乱れた習慣が続いていると)、
施術回数を重ねる(初回後は1週間後に施術をする)ことや
セルフケアを充実させることが必要
になります。