顔の歪みと整体

このエントリーをはてなブックマークに追加

顔の歪みを整えるために、知っておきたい7つの知識。


~はじめに~

『口角の高さが左右で違う。』
『目の大きさの右左で違う。』
『ほほ骨の高さが左右で違う。』
『顔が傾いてしまう。』
『右の鼻がいつも詰まる。』

当院にも顔の歪みが気になり、来店して下さった方が多くいらっしゃいます。

多くの方がどんな整体を受けたらよいのか?

迷いながらも、恐る恐る来店して下さっていますので、少しでも整体選びの参考になればと思い、このページをまとめさせていただきました







~顔の歪みを整えるために知っておきたい7つのこと~

1.顔の歪みの原因とは?

2.顔や頭はグリグリ押さない方がよい理由。
3.どうやって顔の歪みを整えるの?
4.顔の歪みと頭蓋骨の動き。

5.顔の歪みは土台から整えることが大切。
6.顔の歪みと自律神経の関係。
7.ぶつけた・強く押されたが顔の歪みの原因に…




1、顔の歪みの原因とは?

顔の歪みの原因は直接的には顔の筋肉のアンバランスや頭蓋骨の動きのアンバランスにあります。

しかし、その原因をより深く探ると、
顔以外の身体の歪みが関連していることがほとんどです。

私の経験上になりますが、顔の歪みに影響を強く与える順に並べると以下の順になります。

① 顔や首を怪我した・ぶつけた・強く押された。
② 肩や股関節の怪我をした・肩や股関節に痛みがある。
③ 首や背中が凝って固くなっている。
④ 骨盤の歪みが強い。
⑤ 自律神経のアンバランス。
➅ 生活習慣(噛み癖・足を組むのが癖になっているなど)



施術をしながら、お客様にお話を伺っていると、
『そういえば、股関節の怪我をしてから顎の開きが悪くなった。』
『確かに、肩を怪我してから顔が傾くようになった。』

など、過去の怪我などが原因となっていることも良くあるケースです。




怪我などをしていなくても、良く足を組む習慣や、横座りをすると落ち着くなどの身体の癖がある方は、骨盤が歪んでいる可能性があります
この場合、骨盤の歪みも原因で顔が歪んでしまっていることがあります。


また、自律神経のバランスの乱れも顔の歪みの原因となることがあります。
顔の筋肉を支配する三叉神経や顔面神経には、自律神経繊維(交感神経・副交感神経)も含まれています。

そのため、自律神経のバランスや内臓の働きも含めて、身体を整えていくことが重要となってくると考えます。


つまり、顔のみを施術するだけでは改善されない、改善されたとしても直ぐに元に戻ってしまいます。


このため全身をしっかり観察して、
全身から顔の歪みを整えることが重要となります。





ページトップへ




2、顔や頭はグリグリ押さない方がよい!

メディアで紹介されている顔の歪みを矯正する施術をみると、強く顔や頭を押しているものが取り上げられています。


これは強圧で押されることで、体の防御反応として顔の筋肉や血管が一時的に収縮することによって、顔が小さくなる効果があると思われます。


しかし、頭痛や吐き気などのリスクが伴い、頭の骨の動きが少なくなってしまうので、控えた方が良いように思います。






人のカラダはそれぞれの働きに合わせて、強く押して良い場所・そうでない場所があります。

骨盤には上半身や腰の重み、脚からくる衝撃を受ける働きがあります。
足には身体の重みを支えながら、バランスをとるという働きがあります。


これらは、普段から強い衝撃や荷重負荷を受けている部位になりますので、丈夫な靱帯や筋肉がしっかり付着しています。
そのため、比較的強く押されることには柔軟に対応できる部位となっています。




しかし頭や顔に関しては、そのような衝撃が加わることはほとんどない場所であるため、丈夫な靱帯や筋肉はなく、頭蓋骨や皮膚・神経のみが外からの衝撃に対応せざるを得ないのです。


構造上、顔は自律神経成分を含む神経に触れやすい部位でもあるので、強く押され続けることで頭痛や吐き気などが引き起こされてしまうのです


ちなみにお腹や首の前側なども、顔と同じように自律神経に触れやすい場所です。
このため、むやみやたらに強く押したりすることは控えた方が良い部分と言えます。





ページトップへ




3、どうやって顔の歪みを整えるの?

当院では顔の歪みの原因をカラダ全体から読み解き、全身を施術し顔の歪みを整えます。

顔の歪みの他に以下の項目を確認します。

①骨盤の歪み
②首の骨のズレ
③肩甲骨の高さの違い
④背骨全体の歪み
⑤自律神経の観察



その他、問診や施術中の会話の中で
➅カラダに歪みを起こしやすい生活習慣の有無
⑦過去のケガや病気・手術の有無




これら確認した項目で、顔の歪みの原因となるところに施術をします。

また骨盤や首の骨の歪みの原因となる、股関節や肩関節や手首など全身の状態を確認致します。


身体の使い方(足を組むくせ・噛み癖など)や生活習慣に原因がある場合は、セルフケアをご紹介させて頂いています。


バキバキ骨を動かしたり、ゴリゴリ押したりはせず、ソフトな刺激でカラダを整えていきます。


頭や顔に関しては、頭蓋骨の動きを感じながら触れているだけの調整になります。



ページトップへ




4、顔の歪みと頭蓋骨の動き

頭や顔は23個の骨がパズルのように組み合わさって出来ています

一つ一つの骨と骨の間には縫合といわれる、つなぎ目があり、そこで決まった方向に動いています。


もちろん、目で見て確認できる動きではなく、手で触れて何となく感じる程度の運動で、とても繊細な運動になります


顔の歪みがある方の場合、この頭蓋骨の動きが左右で異なる場合がほとんどです。


例えば、頬骨が片方だけ強く張り出ている方の場合には、張り出ている頬骨周辺の頭蓋骨の動きが少なかったりします。


この骨の動きを左右均等に調整することによって、頬骨の張りが左右均等に改善されてきます。


この繊細な動きを手で感じ取りながら、顔の歪みを整えるため、施術を受けている側としては、ただ触れられているだけという感じになります。


ページトップへ




5、顔の歪みは土台から整えることが大切!

顔の歪みを整えるには、その土台となる首の歪みを整えることがとても重要になります。

頭は頸椎1番の関節面上に乗っかるような形で位置しています。

顔の歪みがある方はこの土台となる頚椎1番がズレてしまっています。



また頸椎1番と関わりのある頸椎2番、また頸椎の土台となる胸椎1番・2番も歪んでいることが多くあります。


さらに胸椎の土台となる腰椎・骨盤までも・・・。といったように全身が関連してきます。



また頭蓋骨は硬膜と呼ばれる膜で、頚椎~仙骨までつながっているため、このような膜の繋がりの観点からも全身を整えることが重要となります。





ページトップへ



6、顔の歪みと自律神経の関係

自律神経系も顔の歪みに影響を与えることがあります。

消化器の働きを活発にする、迷走神経は首の前側を通り、頚椎の1番~3番あたりの筋肉にもその興奮は影響を与えます。


例えば、逆流性食道炎などを起こして胃の上部が緊張している場合は、頚椎の1番~3番周辺の筋肉が固くなり、顔は左へ傾く形をとります。


この場合は、逆流性の食道炎を改善させる施術や生活習慣の見直しが必要になってきます。


またドライアイやドライマウスなどの頸部の交感神経が優位な状態の場合、首の前側を通る交感神経の緊張によって、首の回りの筋肉が固くなり、顔が傾くことが起こってきます。


このように、
顔の傾きと自律神経は密接に関わりをもっています。






ページトップへ



7、『ぶつけた』・『強く押された』が顔の歪みの原因になることも・・。

過去に顔を強くぶつけた、強く顔を押されたなども顔の歪みの原因となることがあります。

ぶつけた部分の筋肉や縫合が固くなり、そこで顔の筋肉や骨の動きが制限されて、それが歪みの原因となっているケースがあります。


この場合、固くなっている筋肉や縫合を緩めることが必要になります。



また顔以外にも肩や首・股関節の怪我によって、それらの周辺の筋肉や関節が固くなり、 それが顔の歪みと関連しているケースもあります。


この場合は、ケガをして固くなった筋肉や関節などを緩めていく施術が必要になります








ページトップへ



最後に一言。

人のカラダと向き合う仕事を始めて8年が経ちます。

その中で気が付くことは
『カラダはその人の生きてきた歴史や、あり方を示すもの』
であるということです。


腰に痛みが出ると
腰痛を起こすきっかけを作った
20年前の感情や思いが蘇ってきたり、


家族や自分に対して
必死になって責任を貫こうとして、
胃腸が疲れてしまったり。


カラダの不調には必ずその人の『想い』が詰まってます。

そのカラダに対して、
『お薬を飲んでいれば大丈夫。』
『カラダのことはお医者さんにお任せ』


で関心を持たないのも、
どこか寂しい気もします。



もっと違った視点からカラダをみられると、
人生が豊かに感じられるかも知れません。


そんな想いで施術にあたっています。


ページトップへ





~ともき均整院~

お問い合わせは、こちらで受付しております。

電話・メールでお問い合わせ

TEL
0465-55-8347
メール
tomoki.kinnse@gmail.com

※施術中はお電話に出られない場合がございます。その際は、こちらから折り返しお電話いたします。
※営業時間外での電話でのお問い合わせも承ります。
営業日:火・木・土・日(祝)
営業時間:9:00~20:00



お問い合わせフォームを利用

下の画像クリックで、問い合わせフォームに移動します。

※下記アドレスより、自動返信メールが送られてきます。
迷惑メール設定をされている方は、下のアドレスを受信できるよう設定をお願いいたします。
tomoki.kinnsei@gmail.com